株式会社グリーングレース 九州の野菜を産地直送でお取り寄せ

株式会社グリーングレース 九州の野菜を産地直送でお取り寄せ

福岡県の株式会社グリーングレース 九州の野菜を産地直送でお取り寄せ
HOME > 旬の野菜お届けします。 > 旬の野菜のご紹介

旬の野菜と特徴について

今はハウス栽培や高地栽培など技術も発達し、1年中スーパーで同じ野菜が売られていて、
どの野菜がいつ旬なのかわかりづらいですね。

しかし、さんさんと日を浴び、自然の中で育った、季節ごとの旬の野菜のほうが、栄養価も高い場合が多く、おいしいものです。
ここでは冬野菜の特徴とその旬の時期についてお伝えします。

きゅうり(旬は5月~8月頃ごろ)

  • きゅうり(旬は5月~8月頃ごろ)

    きゅうりは塩、味噌、酢、醤油など
    色んな調味料に合う野菜ですよね。

    皮にハリがあって、トゲがピンと立っているものが、
    新鮮でおいしいきゅうりの見分け方です。

    高血圧や生活習慣病の予防にも硬化があります。

なす(旬は5月~9月ごろ)

  • なす(旬は5月~9月ごろ)

    なすは油と相性が非常に良く、
    味も染み込みやすいので料理に使いやすい野菜です。
    おひたし、天ぷら、浅漬け、田楽など、
    色んな調理で楽しめます。

    「ナスニン」という成分が含まれていて、
    がん予防や老化予防にも良いです。

トマト(旬は6月~9月ごろ)

  • トマト(旬は6月~9月ごろ)

    トマトは生でも、煮ても、炒めてもおいしい野菜です。
    サラダやパスタによく合います。

    リコピンやルチンなどの成分が含まれているので
    老化予防、がん予防、動脈硬化の予防など、
    健康にも良いですよ。

大根 (旬は10月~12月ごろ)

  • 大根 (旬は10月~12月ごろ)

    根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜です。

    葉には、カロチン・カルシウムが豊富なので、葉つきのものが売られていたらぜひ購入してみてください。

白菜 (旬は11月~2月ごろ)

  • 白菜 (旬は11月~2月ごろ)

    ビタミンCやミネラルが比較的豊富で、食物繊維は100g当たり1.1gとレタス並みの含有量です。
    ビタミンC、カリウムは水溶性なので、煮汁ごと食べられる料理を。
    巻きがしっかりしていて重いもの程、良質です。

かぶ (旬は10月~11月ごろ)

  • かぶ (旬は10月~11月ごろ)

    だいこんと同様に、根の部分には消化酵素のジアスターゼが含まれているため、胃に優しい野菜。
    クセがなく、生で食べても辛味が少ないため、非常に食べやすいです。

    葉はビタミンA、ビタミンC、カリウムなどが豊富。
    葉がみずみずしくて根は白く、キメ細かいものが良質です。

ねぎ (旬は12月~2月ごろ)

  • ねぎ (旬は12月~2月ごろ)

    緑の部分は緑黄色野菜、白い部分は淡色野菜です。

    白い茎が長くて太く、張りのあるものが良質です。

ほうれん草 (旬は10月~3月ごろ)

  • ほうれん草 (旬は10月~3月ごろ)

    緑黄色野菜の代表。特にカロチン、ビタミンC、鉄を多く含んでいます。
    ただし、ゆでるとビタミン類がどんどん流失してしまうので、水にさらす時間はできるだけ短くしてください。

    また、根の赤い部分には骨の形成にかかわるマンガンが多く含まれているので、よく洗って食べましょう。
    緑が濃く葉が肉厚で、張りがあり、20~25cmくらいで葉先がピンとしているものが良質です。

春菊 (旬は11月~1月ごろ)

  • 春菊 (旬は11月~1月ごろ)

    葉先まで緑色が濃く、みずみずしいものが良質です。